ブログ|富田林市で動物病院をお探しの方はスージー動物病院まで


恐怖は続く

2022年7月6日

2022年7月6日

短い梅雨が明けてからは、暑い日が続いていますね。少し動いては「暑い〜」、じっとしてても「暑い!」が自然と言葉に出てしまいますね。

まだ梅雨入りもしていない5月の末に、うちの子どもの誕生日パティーでクラッカーを鳴らして、メリーを恐怖に陥れてしまったその後の彼女の様子を今回取り上げてみたいと思います。

クラッカーに対して、メリーが感じた直接の恐怖は”音”だったと考えておりますが、その時と同じ状況に置かれると”あの時の恐怖(=音)”が蘇るみたいで、私たち家族が夕飯の食卓につくと、階段へ続く扉に走り寄りソワソワとしだします。扉が開いている時には、勝手に1階へ降りてしまうこともありました。

そんな時は無理に連れ戻すことはせず、私達の食事が終わってから迎えに行くとリビングで過ごせるようになっていました。また、あらかじめ食卓につく前に、コングのようなオモチャにおやつを入れて、私たちが食事している間はオモチャに夢中になってくれるようにもしていました。

そうしていると、なんとか夕飯の間もリビングでは居られるようになっていたのですが、ちょうど1週間後にまた子どもの誕生日がきてしまい、ただ今回はクラッカーを用意しませんでした。

それなのに、ケーキにロウソクを立てハッピーバースデーの歌を歌おうと部屋の電気を消した途端、メーリーがハァハァとパンティングをしてまた扉の前でソワソワして1階へ逃げようとしてしまいました。

部屋の電気を消したという状況も、メリーはクラッカーの音の恐怖体験を思い出してしまったのです。

今回クラッカーの音はしなかったものの、メーリーニとっては前回以上に恐怖を感じたかもしれません。

その日以降は、夕飯前にリビングに点いていた電気を消してダイニングの照明をつけようという、一瞬の消灯にもメリーは反応するようになってしましたました。

このままでは、長い時間を過ごす部屋自体に恐怖を感じるようになってしまいますので、対策を考えました。

食事の支度ができて子どもたちを呼ぶ前に、メリーのオモチャのおやつを詰めて(なかなか中身を取り出せないように難易度を上げて)、私が席につく時にそれをメリーを呼んで与えるようにしました。

幸いメリーは食べることが大好きな性格ですので、必死にオモチャの中のおやつを食べようと夢中になってくれて、私達の食事の時間が過ごせていました。

おやつがなくなると、食事中の私たちの横に来て自分の存在をアピールするようになってきました。

私達の食事も欲しそうにジッと見つめてきますが、その瞳に負けて食卓から食べ物をあげないようにする私の我慢が増えましたが、ひとまず食事中は一緒の部屋で過ごせるようになっています。

それでも時々、食卓につく時になるとサッと1階に降りてしまう事もありますが、その時はそっとしております。

3人目の誕生日も10日後にありましたが、消灯もせず歌も歌わず、なるべくいつも通りにしてケーキを食べました。

えらいこっちゃ

2022年6月2日

2022年6月2日

6月に入り、梅雨入りも近づいてきましたね。季節もどんどん進み、気がつけば今月で2022年の上半期が終わってしまいますね。

コロナの感染症が問題になってから家族で遠出をするのも控えておりましたが、先日、3年ぶりに電車に乗って家族揃って、難波に食事をしに行ってきました。やっぱりお出かけは楽しかったです。このままwithコロナのフェーズに入っていくことを切に願っております。

私事ですが、5月下旬から半月の期間で、私の家族5人中3人が誕生日を迎えます。それもあって難波にお祝いの食事に行ったのですが、子どもの誕生日の当日に、自宅でもささやかですがパーティーをしました。

そのパーティーで、デコレーションケーキにろうそくを立てて、ハッピーバースディの歌を歌って、ローソクの火をふ〜と消した直後に、クラッカーをパンッパンッと鳴らした時です。近くで丸くなって寝ていたメリーがびっくりして興奮してワンワン鳴きだしたのです。

子どもたちもテンションが上がって騒いでいたのもあり、メリーの興奮がどんどん上がって行きました。リビングを走り回り、ハァハァとパンティングもしてしばらく落ち着きがなかったんです。

クラッカーも鳴らし終わり子どもたちも騒ぐのをやめたので、メリーの興奮は落ち着きましたが、1階に行く階段の前でそわそわするようになり、ハッと気付きました。

今の騒ぎで、”恐怖か不安”を感じてしまってオシッコがしたくなったんだと。

子どもに、トイレのある1階にメリーを連れて行ってもらいましたが、用を足した後、一旦2階の階段の踊り場まで上がってきたのですが、「カム」と言って呼び寄せても、リビングに入ってこれずまた1階に降りてしまいました。

「エライコッチャ!」とようやく事の重大さを把握した私は、1階に行きメリーを2階に上げようとしましたが、階段までは近づきますがすぐにケージに戻って行きました。

リビングで怖い思い(たぶんクラッカーの音)をしたので、リビングという場所に恐怖・不安が繋がってしまったのです。

大慌てで、”抗不安”効果のあるサプリメントを飲ませ、ケージで安静にしてもらいました。本来このサプリメントは、不安に感じるイベント(今回ならクラッカーを鳴らす事)の30分前に内服させるものですが、後の祭りです。それでも効果が出てくるまで安心できるケージ内で休ませる事にしました。

効果の持続時間は2〜3時間ありますので、効いてる時間に再びメリーのところに行き、ケージの扉を開け、階段に呼び寄せると、すんなりと来てくれました。階段を登るように号令をかけると、いつも通り2階に上がってリビングにも抵抗なく入ってくれました。リビングに入ってからの様子も、特に不安な態度もなかったのでホッと胸をなでおろしました。

その事件後、数日経っていますが、メリーの様子は変わりなくて安心しております。

クラッカーは今回が初めての体験ではなく、今までは平気だったのですが、強い反応を示してしまいました。今後はクラッカーはもちろん、今までは平気な雷にも用心しなくてはと考えさせられました。

6月はあと二人の誕生日が続くので、音の出ないクラッカーがないか探そうかと思います。

 

 

オヤツの大きさ

2022年3月9日

2022年3月9日

寒い日が続いていた中で、上着を脱ぎたくなる陽気になる日も出てきて、春が近づいてきた感じがするようになりました。

先月から実家の犬が調子悪くて治療をしています。ただ、実家が少し遠いため、その日の様子を姉に毎日伝えてもらいながら薬の調節をしていました。初めの状況からは落ち着いてきたため、最近はあまり連絡がなかったのですが、昨日別件で姉に連絡をした時に

「あっ、そうそう。今日、サツマイモのオヤツ(ワンちゃん用)をあげた後から、咳き込んでた。」と言うのです。

よくよく話を聞いてみると、細長い20cmくらいのオヤツを1本まるまるあげたみたいなのです。

詰まらせたんですね。

しばらく咳き込んで吐き出したらしく、その後は咳も治まったとのことで安心しましたが、実家の子はもう14歳の中型犬ですので、〝おじいちゃん〟です。嚥下力って言うんですかね、喉頭反射も若い時よりは衰えているのでしょうから誤嚥予防はシニア・ケアには必須だと思います。

誤嚥とは話が異なりますが、オヤツをあげる際にその大きさを気にされたことはありますか?

よく診察中に「オヤツはあげてますか?」と伺うと、「はい、ジャーキーを1日◯本あげてます」という答えが返ってきます。もっと聞いてみると10cm〜15cmのものをそのまま1本あげて、あっという間に食べて次を欲しがっているともお聞きします。

ハムハムしながら食べている姿は可愛いですが、そのオヤツを小さくしてもらいたいのです。目安としては、〝小指の爪の大きさの半分の大きさ〟です。

大きいオヤツを1回でもらうよりも、小さくして、そのぶん回数を多くしてあげて欲しいのです。

小さくても満足はできます!

それを何回ももらえるので、ワンちゃんはもっと満足します!!

うちのメリーは体重が20kgのゴールデンですので、口は大きいです。私の握りこぶしも余裕で入るくらいですが、オヤツであげるジャーキーやチーズは大体5mm四方のもので、それ以外はドックフードを1粒ずつオヤツとしてもあげています。メリーは大きな口で小さなオヤツを2噛み、3噛みして飲み込んでいます。そしてまた次を期待して、キラキラな目で見つめてきます。

この時に、「いい子〜」とか「可愛いね〜」と言いながら顔や首元を撫でています。

飼い主さんが大好きなワンちゃんにとって、オヤツも嬉しいですがこのスキンシップがとても大好きなので、ぜひ小さなオヤツを回数を多くしてあげてみてください。

ただ、小さくしても総量が多くなれば肥満につながりますし、少量だとしても満足して本来の食餌に影響してしまい、〝ドックフード〟を食べない子にしてしまう恐れもありますので、ご注意ください。

 

モニター募集します

2022年1月25日

2022年1月25日

寒さ本番ですね。メリーの散歩に行くと指と耳がちぎれそうになり、数日前に耳カバーを買ったところ、指以外は寒いと感じない防寒ができました。

昨年はメリーが膀胱炎を2・3度繰り返しておりましたが、現時点ではおしっこにトラブルはなく数ヶ月が経過しており安堵しております。

ワンちゃんもオシッコのトラブルは多いですが、ネコちゃんのオシッコトラブルはかなり多い印象があります。特に寒い時期になると男の子に“尿道閉塞”という命を脅かすトラブルも増える傾向があります。

猫ちゃんには“特発性膀胱炎”といって、原因不明の膀胱炎が多くあってストレスが関与しているといわれています。一度膀胱炎になった子は何度も繰り返す傾向にあり、治療は大事ですが再発予防もとても大事になってきます。

ですので、症状がなくなっても定期的にオシッコ検査を受けていただくようにお話はするのですが、採尿が難かしいからとなかなか尿検査も受けられない子が多いです。

そこで、今回いいものを見つけました!

ロイヤルカナンさんからのアナウンスを見て、既存のネコちゃんのトイレで使える“尿中ヘモグロビンチェッカー”のお試しサンプルを入手しました。(ついさっき手元に届きました!)

この“物”自体はネコ砂のように顆粒状をしているみたいで、そのまま猫ちゃんのトイレにふり撒くように使うみたいです。オシッコに血液が混じるとこの顆粒の色が変化するので、血尿が出ていると飼い主さんが目視できるというものです。1袋で3週間は使用できると記載してあります。

今回2袋をサンプルとしていただいておりますので、先着2名様とはなりますが試してみようと思われる方は当院までご連絡ください。

今後の参考にしたいので、できれば使用感をご報告(口頭で結構です)いただける方でお願いいたします。

dav

今年もよろしくお願い致します

2022年1月5日

2022年1月5日

本日より2022年の診察を開始させていただいております。

新しい一年もよろしくお願いいたします。

 

ご挨拶

2021年12月29日

2021年12月29日

こんにちわ。今年も残すところあと3日になりましたね。

2021年の1年間もお世話になりました。

ワンちゃん・ネコちゃんの幸せのために、少しでもお手伝いできるように勤めて参りますので、来年もよろしくお願いいたします。

楽しいお正月をお過ごしください。

こたつの中での小競り合い

2021年12月16日

2021年12月15日

こんにちわ。冬本番とまではいかないでしょうが、寒い日が続くようになってきましたね。

先日の日曜に、我が家に“初めて”こたつが導入されました。

実家で暮らしていた時にはこたつはあったのですが、大学に通うと同時に一人暮らしを始めて、さらに結婚してからもこたつはありませんでした。

毎年のように、冬支度をしようと11月にホットカーペットを出したのですが、上に敷くラグマットのサイズが小さくて合わなかったのです。去年まで何を敷いていたのかも思い出せず、ラグがないために一旦ホットカーペットをしまいこんでいました。

寒くなってからはエアコンはつけていましたのですが、リビングに寝転がって過ごす私と子どもは寒さに耐えられず、寝室から毛布を持ってきて寒さをしのいでいたので、床が毛布だらけになる日々に怒りがフツフツと湧き出てきたためにこたつの購入に至りました。

あったかいですね〜、こたつ。

しかし、こたつの中で足の陣取り合戦が勃発し、小競り合いが出てきました。「これ、誰の足!?」「痛い!!」の繰り返し。

毛布の散らかりによる苛立ちが消えた途端に、子ども達の小競り合いに苛立ちを覚えるようになりました。

この小競り合いが、多頭飼育の猫ちゃん達にも繰り広げられれいる可能性があります。

猫は元々単独で狩りをして、食事なども単独で行っているため、犬のような社会性はあまりないとは言われますが、子育てなどメス達は協力したりするので、ある程度の社会性はあります。

複数頭猫が同じ家で生活していると、本当に仲良く一緒に生活する猫ちゃんは多いとは思いますが、実は相性は悪くてもそれなりに折り合いがついて、喧嘩しない程度の距離感で暮らしている子たちもいます。

暖かい場所を探して、こたつに入る猫ちゃんは多いと思います。あの狭い空間に相性の悪い猫ちゃんがいると、その中に入れない子も出てきます。ただどうしても寒い時には、入らざるを得なくなり、こたつの中でも距離感を保ち、微妙な緊張感が漂う事になります。

そんな状態で飼い主さんの足が急に入ってくると、緊張の糸がプッツと切れてしまい喧嘩になることがあるのです。大きな喧嘩に発展して、その後もその猫たちはお互いを嫌って喧嘩しやすくなったりもします。

うちの子ども達の毎日の小競り合いにウンザリしていますが、もしご自宅の猫ちゃんであまり仲の良くない猫ちゃんがいた場合は、こたつの取り扱いに少し注意をしてみてください。

育毛剤にご注意を

2021年11月17日

2021年11月17日

こんにちわ。

今日は、犬と猫を飼っている方に注意喚起をさせていただこうかと思います。

少しデリケートな話になりますが、男性に限らず女性でも薄毛に悩んでいる方はいらっしゃると思います。その方達の中で市販の育毛剤をご使用されている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

ご自身でなくても一緒にお住いの誰かが使用していることもあるかと思いますので、ぜひご注意頂きたいのです。

脱毛症の治療薬としての成分である〝ミノキシジル〟が、多くの市販されている育毛剤にも含まれているようです。その成分を1滴程度や1・2回程度舐めた程度のごくごく少量を舐めただけでも、重い中毒症状を出すことがあるようです(死亡例もあります)。

ワンちゃんでは製剤が付着したティッシュペーパーなどの破棄したものを口にしてしまうという探索行動からの摂取が多く、ネコちゃんの場合は家族の誰かが塗布したものを舐めてしまうことが多いみたいです。製剤が付着した人の手や、頭皮に塗った製剤が枕カバーに付着してそれを舐めてしまうようです。もちろん塗布した飼い主さんの頭皮を猫ちゃんが直接舐めてしまう機会もあるでしょう。

もしもご自宅でミノキシジルが成分に入ってる育毛剤を使用している方がいらっしゃったら、慎重に使用しなくては危険です。一緒に寝ることもできなくなるかもしれません。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、それに起因する症状が現れると報告されています。

どのような症状が出たり、どんな対策をしないといけないのか、ご相談があれば診察のついででも結構ですのでお聞きくださいね。

好発犬種

2021年11月4日

2021年11月4日

こんにちわ。急激に季節が進んで、朝晩は寒くなってきましたね。アトピーで外耳炎を繰り返すワンちゃん達は、ようやく症状が落ち着いて来る季節ではないでしょうか。

今年の暑かった頃(7月か8月だったと思います)に、メリーの散歩中に頭をプルプル振る様子が出るようになりました。まさか…と思い、垂れた耳たぶを上げて見てみると、左耳の入り口に耳垢が結構ついていました。

恐れていたアトピー症状の発見です。両耳ではなかったものの、2歳3〜4ヶ月齢での発症ですし、室内飼育ですし、ゴールデンレトリバーですし…、とアトピーと判断する材料に次々と当てはまっていました。

「まぁ、まだ片耳だし。」と耳掃除とステロイドの点耳薬で余裕の対応をしていました。すると9月には右耳に大量の耳垢を発見!

両側性の外耳炎です。もうアトピーと決定しました。本来なら除去食試験をして食物アレルギーを否定しておきたいものですが、除去食用のフードが、(大型犬ですし)一気に高くなるため諦めました。スレロイドや免疫抑制剤の内服も一瞬考えましたが、体重も23kgありますので、フレンチブルのランの時のようにはホイホイと使えず、ステロイドの外用療法のみで経過を見ることにしました。

現時点では定期的に耳洗浄をして外用薬も使いつつ、油断すると耳垢は増えますが頭を振る症状を見ることもなく落ち着いています。

歳をとっていくごとに症状が悪化することが予想されますので、食事の変更や内服薬の使用も治療に加えて行かないといけなくなると思うと、憂鬱です(コストがかかるなぁ〜)。

ところで、好発犬種ってご存知ですか?

「ある病気にかかりやすい犬種」と思っていただければよいかと思います。ゴールデンレトリバーはアトピーだけではなく、目の病気や腫瘍などにも好発犬種としてかなり多くの病気に登場してきます。

私がメリーを迎え入れたのが1歳4ヶ月くらいの頃でしたが、高齢になったらなんらかの腫瘍になるのではと覚悟をして迎え入れました。

その予想を上回ってきたことがメリーに起こりました。

先月の中旬に、散歩から帰ってきていつも通り足を拭いていると、後ろ足の肉球のすぐ脇の毛が抜けて、皮膚がぷくっと膨らんでるのに気づきました。舐めてる姿を見たこともなく、その膨らみを触っても嫌がらないのでその時はあんまり気にせずにいました。

毎日の散歩の後にその変化のない膨らみを見ているうちに、だんだん気になってきました。膿でもたまっていないか圧迫しても、何も出てくるものはありませんでした。

炎症なのか腫瘍なのかをはっきりさせたくて、細胞診をしてみました。注射針をそこに刺して、針先に入った細胞を染色して顕微鏡でみてみる検査を細胞診と言います。麻酔もしなくていいので安心で、炎症なのか腫瘍なのかは判断できます。確定診断はなかなかできないのですが、この検査で特定の細胞だけが増えてきていると腫瘍と考えて、次は手術で摘出するという判断にもつながりますので、「これ(腫瘤)、なんだろう?」と考えて心配しているくらいなら、さっさと細胞診をしてしまった方が良いと思います。

さて、メリーのその細胞診の結果ですが、これが炎症とも腫瘍とも言い難い細胞が見られましたので、答え合わせに病理医の意見を聞きたくて外注検査に出しました。

結果は『組織球腫の可能性が高い』と帰ってきました。組織球腫は良性の腫瘍で、若い子に見られる腫瘍です。自然に腫瘍が消失するので摘出手術もせずに様子を見ています。

dav

現時点では、毛はまだ生えていませんが膨らみがなくなりペッタンこになっております。

今回は良性の腫瘍でしたが、さすがはゴールデンレトリバーと痛感しました。若いからって油断できないです。

ただ、麻酔をかける機会があったらついでに歯石除去をしようと虎視眈々と狙っていましたが、「メリーの口、クサイ!」と、うちの子ども達からの非難はもう少し続きそうです。

 

 

膀胱炎

2021年10月2日

2021年10月2日

こんにちわ。少し前から日が沈むのが早くなってきたと感じていましたが、今朝のメリーの散歩では肌寒く、秋を感じました。

私は、8月末に2回目のコロナウイルスのワクチンを接種して(翌日から2日間寝込みましたが)、現在は抗体価もしっかり上がってきているはずなのですが、緊急事態宣言が出ていようが解除されようが変化のない日常を過ごしています。

そんな自粛が染みついた日常でしたが、少し気持ちが慌ただしくなる出来事が起こりました。

9月26日の日曜日の早朝に、娘に「メリーがベットに寝てるけど、いいの?」と起こされました。ムクッと頭を挙げて見るとメリーがベットで丸くなって寝ていました。

「NO!」と声をかけベット脇のメリーの寝床に降ろそうとしても、抵抗して踏ん張っていました。そのうちにメリーの寝床のマットがら異臭がするのに気付きました。

今まで寝床で排泄をしたことがなかったので、「おかしいなぁ」とは思いましたが、寝床に降りたくない理由がわかったのでメリーを寝室から出して彼女のケージへ移動しました。するとまたオシッコをしたのでそれを掃除すると尿の一部が何やら褐色に見えて、「???」となている間にまた隣でオッシッコをしていました。さっきしたばっかりなので少ないオッシッコでしたが、寝ぼけ眼でもはっきりと赤い尿が確認できました。そうです、血尿です!

眠気が一気に吹き飛び、慌てて尿検査をしました。少量頻回の排尿の症状と合わせてまずは膀胱炎と診断しました(もちろん他の検査も別の日にしています)。

尿検査をしている間も数回排尿している様子でしたが、出る尿がないらしく床は濡れていなかったです。

とりあえず消炎鎮痛剤を注射して寝ることにしました。

その日から毎日、明け方にトイレがしたくでキューンと鼻を鳴らす音に起こされ、オシッコに連れていく日が続きましたが、今朝になってようやく朝まで起こされず、起きてもすぐにはトイレに行かずに散歩に行くまでの時間はいつも通りくつろいで、’腹天’でいてくれるようになりました。

えらいもので、症状が落ち着いたと思ったら、尿検査の結果もすっかり良くなっていました。毎日尿検査はしていましたが、症状と検査結果がこんなにリンクしているとは、新鮮な驚きがありました。

もうしばらく油断せず治療を継続しますが、今回の膀胱炎の原因で考えられるのがストレスでしたので、心のケアにも重点を置いて対処していこうと思います。

メリーの強いストレスは一人でのお留守番と、多分ですが‥‥一番下の子どもの乱暴な接し方だと分析しました。自分の子どもですが、なかなかの’ゴン太くそ’なのでメリーも私もストレスフルです。

1 2 3 4 5 6 7
 
▲ページトップ